水平時代には争いがない


水平時代には争いがない
それでは、分かれたものがいかにして一つになるのでしょうか。その一秒で分かれたので、一秒間で変えなければなりません。一秒間に地球がこのように回らなければならないにもかかわらず、逆に回りました。このように逆に回ってここまで来たので、正にここから帰っていくのです。8の字の形です。このように大きなギアがあれば、小さなギアはどう回るのでしょうか。小さいものは左の方に回り、大きいものは右の方に回ります。同じ方向に回ってはいけません。ですから、大きな車の中に小さな車のギアが合わなければなりません。

一つ、二つ、三つ! 三つだけでは対立するのであって、四つ、五つ、六つになってこそ位置が定まり、大きなギアに対して、五つがかみ合い、六つからすべてがつながるのです。この六数が問題です。六数と言ってください。(「六数」)。父と息子、娘を中心として男女ならば六数であり、七数が問題です。新しい世界に上がっていくことが七数に至ることですが、大きなギアはどうでしょうか。小さなギアが回り得る相対となって、三段階になっていれば、大きいギアが五つを越え、六数を越え、一遍にどうなるでしょうか。
旧暦(陰暦)が先ですか、陽暦が先ですか。西洋の人、どうですか。旧暦が先でしょうか、陽暦が先でしょうか。旧暦のほうが先です。ルナ・カレンダー(LunarCalendar:陰暦)! それが先です。それでは、ルナ・カレンダーを知らない人はどうでしょうか。この小さなギアを回すためには、それに合うように大きいものはどうしたらよいでしょうか。千個がくっ付いて回るように作ったのに、これを知らない人は、千個なのか、一万個なのか……。この千個の間で、千回も回らなければならないのですが、一周回っても皆分かりません。

完全に分からないのです。死んだり生まれたりする時刻も、皆さんは分かりません。一秒間に起きるのです、一秒間に。死ぬことも一秒間に決定されるのです。こんなに高い所にあるものがドンと落ちるのですが、この落ちることも、最後の一秒間が問題です。こうなれば、一つは生きるのであり、上がるのも最高に上がって水平を迎える時は、その水平で生きるのです。ここの水平! 上水平、下水平です。

下水平は地獄のどん底であり、上水平は天国の高い所なのですが、そのことを知らないのです。右が先でしょうか、左が先でしょうか。これがすべて何であれ、分かりません。何もかも分からないので、このように混乱し、「終わりの日」だということを知らず、そのまま滅んでいくのです。なくならなければなりません。相対を知らず、主体・対象的関係のない線上で生きるならば、なくならなければならないのです。

いくらUN(国際連合)ができたとしても、このUNが存在しながら、なぜ争っているのでしょうか。争っているので、争いはこの水平時代ではどうなるでしょうか。穏やかな水平時代には争いがありません。今、潮水が入ってきて、満潮になる時、水平になる時は争いがありません。最高に上がります。そうなれば、上がったので下がっていきます。下がっていくのですが、上がって水平になることも知らず、下がっていくことも知りません。

下の方に下がっていって水平になると、また上がってくるのです。ここには必ずXエックスが生じます。水平にならなければならないのですが、この水平はこちらの方に下がらなければならないし、このように水平になったものは、左の方に向かっていかなければならず、左の方に向かっていたものはこちらの方に来て、右の方に向かっていき、このようにOオーXエックスの基準にすべて合わなければならないのですが、何ですか。そうなれば、Xというもの、これは通じないので、これは駄目なのです。どこでXになるのでしょうか。

人が存在するために、Xが必要です。大宇宙はがらんと空いています。空いている所が、運動をするので、その中において、大きい円形の中にXのようなものは、いくらでも入ることができます。Oの中には、Xがいくらでも入ることはできますが、Xの中には、小さなOも入ることはできません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。