天地人の道理を知るべし


天地人の道理を知るべし

ここで善悪の分岐点、良いものと悪いもの、悪神と善神が問題です。悪神と善神が争うようになったというのはどういうことでしょうか。このギアが合わないということです。大きなギアである神様に対して、サタンが自分を中心としてどのようにするのですか。このように回る天に対して、「私もあのように回ってやる」と思ったのですが、そのように回ることができないので、これを占領して回ろうとするのです。愛を中心とした血統問題です。

血筋がこのように伝わって入り込んで回り、永遠に地上における下の歯車をつくっておけなかったので生きられないのです。大宇宙が呼吸できないのです。じゃ、息を吸ってみてください。(息を吸われる)自分が出世をしようとするならば、自分が大きくなるためには、自分自身が小さくなって入っていかなければなりません。このことが分かりませんでした。息を吐いて、フー! そのあとどのように吸うのでしょうか。サッカーボールは空気を全部抜いたら、どのように空気を吸い込んで膨れるのでしょうか。前後を支配し、上下を支配し、全体と瞬間を支配するその相対的な関係が、皆連結していなければなりません。連結して、このように運動し、またこのように運動し、大きくなっていく時は、このように運動し、すべて運動します。全体が運動するのですが、どのように連結されるのでしょうか。

息をフーと出したのちに、どのようにして吸い込み、また三回目にどのように吸い込むのでしょうか。その水平にどのように行くのでしょうか。それは誰がつくったのでしょうか。皆さんがつくりましたか、アメリカの大統領がつくりましたか、UNの大使がつくりましたか。誰かというと、堕落がそのようにしたのです。堕落とは何でしょうか。堕落とは落ちたことです。水平から落ちたということです。

水平において男性と女性は呼吸をする時も、男性が吐き出せば女性は吸い込まなければならず、女性が吸い込めば男性は吐き出さなければなりません。そのために上下・前後・左右が必要であり、男性が上に上がれば女性は下がり、男性が右に行けば女性は左に立つのです。この息を吸う時は皆どのようにしますか。春夏秋冬、上下が分かれるので、女性が先に立てば、男性は後ろからついて行かなければならないのです。

大きいからといって王の役割は果たせません。王がいるなら、女王もいなければなりません。相対がいなくなる時には、いくら王でもいなくなるのです。天地人の道理を知らなければなりません。このような概念は、西洋や東洋にはありません。なぜでしょうか。堕落したからです。戦いです。息をフーと吐いたあと、どのようにして吸い込むのでしょうか。争う中で、「お前は死んで、いなくなれ!」というのに、どうなるでしょうか。なくなってしまったので、吸い込む何かがありません。ですから、この丸くなった頬ほおがこのようにつぶれるのは、どうしてでしょうか。

この二つの大きな力がここから押してあげることによって、つぶれたのです。これがフーと吐き出して小さくなるのは、この大きな力が押してあげたので息が吐き出されたのですが、水平になった所で「どれ、息を吐き出してみなさい!」というのです。そのようにつぶれてしまったら、その力はどこに行くのでしょうか。運動の力はどこに行くのでしょうか。小さな隙間でもあって、これが引っかかったらどうなるでしょうか。口が、すうっとここから入ってきます。その二つの力がより大きく作用するので、どうなるのでしょうか。水平が大きな力を補充して永遠に続き得る理論的体制が発するのです。西洋の人たちは皆、このことを知らずに生きています。自分が最も良いと思って、「私がセンターになり、中心になるのだ」と言います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。