第四節 神様の愛はどのようなものか


 皆さんが神様の愛を一度調べてみてください。神様の愛をどのように表現することができるでしょうか。それは、ちょうど暖かい春の日和に、空には白い雲がふわりと浮かんでいて、地にはかげろうがぼんやりと立ち上り、虫が歩き回り、蟻たちも世の中を見物しようと這い出たり、戻っていったり、さらさらと流れる小川のほとりには柳が芽を出し、かえるが春の日和の新しい歌を歌い、花々が、群れを成して飛び交う蜂や蝶を喜ぶ、そのような環境と同じです。そのような環境では酔って眠り込んでしまうようですが眠り込まず、気分が良くて永遠に「いいなあ」と言える、そのような味だというのです。

 神様が求められる理想相対を中心として感じる気分は、このように蝶が飛び、蜂が飛んでくる花の園のようなものです。これは、考えただけでも気分が良いですか、悪いですか。この鈍い男性たちは、それを知らないでしょう。それは、気分が良いというのです。懐かしい人に会えば、手をぎゅっと握って握手します。握手するとき、懐かしくて、「ああ、これは久しぶりだ」と言いながら手をぎゅっと握って握手をします。握手するとき、懐かしくて、「ああ、これは久しぶりだ」と言いながら手をぎゅっとつかめば、気分が良いですか、悪いですか。気分が悪いという人がいれば、「えい、こいつめ」と言って足でけ飛ばしてしまいなさいというのです。

 懐かしければ、手をぎゅっと握りますか、握りませんか。皆さんはそうすれば喜びますか。(「喜びます」)。喜びたいと思っているだけでしょう。どうして「喜ぶ」と分かるのですか。知ってこそ喜ぶのであって、分からずにどうして喜ぶのですか。そのように喜んでつかめば、手をほどくことができないというのです。ここにいる若い女性たち、お嫁に行って夫が自分を愛してくれれば、気分がどうか一度考えてごらんなさい。良いでしょうか、悪いでしょうか。

 人は率直でなければなりません。愛してくれるなら、この世の中にうらやむものはないのです。いつも夫の横にぴったりくっついて暮らすのです。男性が牛の前足のような手で、女性の手をぎゅっと握ってあげることは良いことです。

 映画を見ても、そのような映画を見たいと思うのです。女性が男性に、「まあ、あなたの手は本当にきれいね」と言えば、気分が悪いというのです。そのようになっています。

 愛は永遠です。愛は、二つではなく一つです。一つになるということです。男性と女性がカップルを成して愛し合えば、ぴったりくっついてしまうのです。そこまではいかなくても、これ以上の心情まで行くというのです。それが正に神様の愛だというのです。そのような愛をもって暮らすならば、一つになるでしょうか、ならないでしょうか。考えてごらんなさん。一つになるようになっているのです。

 男性と女性の間で愛し合うようになれば、ありとあらゆることが起こります。そうでしょう?しかし、神様を尋ね求めていく道を知り、神様の愛を本当に味わえば・・・・・・。その神様の愛は、この世のどのようなものとも比べることができないのです。そのような愛を味わった人がいれば、どのような苦難もその人を占領することはできず、どのような悲しみもその人を占領することはできないでしょう。そのような絶対的な解放圏があるのではないですか。これを見いだすことが問題となるのです。

 神様の愛は、大きく三大愛として現れます。それは、父母の愛、夫婦の愛、子女の愛です。この三大愛が一つに一致する中心は神様の愛です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。