第五節 異性間で愛の調和を成せば


 男性は天を象徴し、女性は地を象徴します。したがって、二人が一つになって調和しなければなりません。男性と女性は、互いに異なっています。男性の筋肉はごつごつしていて、女性は滑らかです。男性は髭が生えますが、女性は髭が生えません。声も違います。男性と女性を比べてみると、相対的に釣り合っています。調和がとれているのです。人間というのは、肉的構造を見るとき、左右に相対的です。半分と半分をぴったりとくっつけたからです。

 皆さん、高いだけ、あるいは低いだけでよいですか。調和を成すのがよいのです。水平線を中心に、下には魚が棲み、上には哺乳類、鳥類などが棲んでいます。女性は、ひと月に一度、生理がきます。月を中心にして潮が満ち引きするように、女性も同じです。呼吸作用と同じです。男性と女性が調和して平衡線にならなければなりません。

 なぜ人々が、昇ったり降りたり、回ったりするいろいろな施設のあるディズニーランドを好むかといえば、宇宙がそうだからです。男性だけの和動と、男性と女性の和動とでは、どちらが気持ち良いですか。男性と女性が和動するほうが良いのです。宇宙がそうだからです。宇宙が陰陽の調和を成して和動するので、人間が拍子を合わせなければならないのです。

 異性間において愛の調和を成せば、一つの円形運動をするようになります。異性が愛で一体となって愛の実を結ぶようになれば、神様が降りてこられ、人間は上っていくようになり、中央で出会うようになります。

 神様は、この円形の求心点となって球形運動が行われるのです。求心点から四方のどこにでも通じることができるのです。その求心点は、愛の調和が成される所であり、生命が胎動する場であり、平等主義と共同主義の始発点なのです。そこには愛の力があるからです。ですから、宇宙のすべての作用と包容の力は愛なのです。

 人間にとって愛は、永遠なるものであり、二つではなく一つです。男性と女性の間が愛で結ばれれば、地上で夫婦が年を取るまで仲良く連れ添わなければならず、死んでも永遠に共に生きていくようになっているのです。体は二つですが、一つとなって回転することによって一体化するのです。

 二つの体が一つになれば、神様のように回るようになり、愛の四位基台をつくるようになりますが、それが正に愛の理想世界なのです。そこには、偽りの愛は侵犯することができず、ただ真の愛のみが臨在するようになります。神様を中心にして、男性と女性が祝福を受けて完成した位置に立ったならば、神様はいつでも訪ねてこられるようになります。

 愛の四位基台をつくるようになれば、相手側の体を通して心までも愛するようになり、心を愛するようになれば体まで従ってくるようになっているのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。